男前

7月25日、日本脳炎の2回目の注射がありました。

小児科に着いて、ドアを開けた瞬間から「泣かないのー」という息子。
ビックリしました。
・注射する事を分かっている。
・注射が痛くて泣く事を分かっている。

コレだけでもうかなり成長を感じられますよね。

しかし日本脳炎は筋肉注射で痛い(らしい)。
ので、「まぁ無理せんでも痛かったら泣いても大丈夫だからね?」
と声をかけておきました。
その後も診察室前に呼ばれたり、部屋に入るタイミングなどで「泣かないのー」という息子。
正直、「まぁもしもし(聴診器)か喉チェック(いつもココで大泣き)で泣くんだろうなぁと。
まぁいきなりがっちり抑えられて喉見られたらそら怖いよなぁとは思うので、仕方ないかなと。
注射の時も大人3人で抑えたりするし。

でも、息子、宣言通り泣きませんでした。
喉チェックも、注射も頑張って泣きませんでした。
我慢した、というよりは、表情的に「よく考えたら、怖くもないし痛くもないわ・・・」って感じでしたけどw

もう2歳9ヶ月息子、親が思うよりあっという間に男になっていくんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索
リンク